365日24時間受付03-6214-3308
お問い合わせフォーム

ご相談から卵子提供、日本での出産までの流れ

HOME > 卵子提供の流れ

検査・治療の流れ

  • お問合せ&ご予約

    いつでもどんなときでもお気軽にお問合せ、ご相談頂けますよう24時間365日のフルサポート体制を整えております。
    他社の場合は5千円~2万円の相談費用がかかる場合もありますが、弊社の卵子提供プログラムのご相談費用は無料です。

  • 書類のご準備

    これまで他院での不妊治療歴などがあれば、診断証明書または簡単な経緯をメモなどにご記載、ご準備ください。

  • 個別無料相談

    2時間ほどの無料相談では、ご夫婦の今までの治療歴などを詳しくお伺いさせて頂きます。ご主人の場合、6ヶ月以内の精液検査の結果などの資料がござましたらご持参ください。また、ご相談時に頂いた医療に関するご質問は提携先医師へ確認し、後日、回答差し上げます。
    ※弊社無料相談時にお申込みをご希望の方は必ずお二人でご来社ください。


    東京駅から徒歩5分の明るいカウンセリング室です。
  • 提携クリニックの判断

    プログラムが適しているかの判断は、これまでの治療歴や、ご夫婦がなぜ卵子提供の治療を必要とされているのかという理由などから提携先である海外のクリニックの医師が最終的に判断致します。


    提携クリニックについて
  • お申込み&初回お支払い

    契約の締結時は必ずお二人で弊社までご来社ください。契約締結後に弊社が指定する銀行口座にお振込み頂きます(お振込み手数料はご夫婦にてご負担をお願い致します)。
    他社では登録料・申込み料・申請費用などとして5万円の費用がかかる場合もあるようですが、弊社ではそのような費用は一切頂いておりません。

  • 事前検査(渡航前)

    ご夫婦でご渡航いただく前に、海外の提携クリニックが指定する検査がある場合は、日本で受けて頂き、結果をご提出ください。

    • この検査費用はプログラム費用には含まれていません。
  • 渡航&初診

    提携クリニックにてご夫婦お二人でカウンセリングを受けて頂きます。医師とのカウンセリングを通してお二人にあった適切な不妊治療をご提案致します。


    最新設備を揃えた施設で、経験豊富な医師による施術が行えます。

    ココロとカラダがリラックスできるビーチリゾートも人気のエリアです。

    初診のカウンセリングでは何を確認するのでしょうか?

    1. 男女ともに過去の病歴や治療中の病気、先天的な病気、過去の妊娠歴などを伺います。また、現在の職業や生活習慣等、不妊症と遺伝子病に関係すると考えられる事項について伺います。
    2. 一般的な健康診断を行います。 病歴と健康診断結果から隠れた病気がないか診断します。
    3. 奥様は奥様は尿検査、内診、超音波検査を行って頂きます。経腟超音波検査では、子宮、卵巣の検査を行います。
    4. ご主人様は精液採取を行い、精子凍結します。
    5. 血液検査による不妊症の原因を診断します。 血液検査(CBC全血球計算)から感染病の有無、超音波検査を併用し子宮癌の有無の診断を行います。
    • 医師が検査を必要としない場合は問診だけの方もいらっしゃいます。
    • 治療に際して適切な同意書を頂きます。
    • 渡航に伴う航空券・ホテルの予約はご夫婦で手配をお願いしております。ご夫婦での手配が難しい場合はご相談ください。また、航空券・ホテル代・滞在費等はプログラム費用に含まれておりません。
  • 2回目のお振込み

    初診検査ご帰国後、卵子提供の治療に適していると医師が判断した場合、弊社が指定する銀行口座に残りの費用をお振込み頂きます。(お振込み手数料はご夫婦にてご負担をお願い致します)。
    お振込み頂いた後、ご夫婦お二人で弊社東京オフィスにご来社頂きご希望のドナーを数名お選びください。
    弊社スタッフが第一希望のドナーから順番に連絡を取り、採卵に向けてのスケジュール確認・調整、ドナーとしての意志を再確認致します。

    ※必ずしも第一希望のドナーに決定するとは限りません。

  • ドナーの決定&移植

    選定されたドナーは日本で卵子提供に適しているかの検査をし、カウンセリングを受けて頂きます。全てが問題なく終了した場合、正式にドナーとして決定となります。その後、弊社、ドナー、ご夫婦との間で卵子提供契約を締結致します。
    ドナーは採卵に向けてホルモン剤の投与が開始されます。採卵後、凍結保存していたご主人の精子と体外受精させ、受精卵を凍結致します。
    奥様は移植に向けて子宮内膜を調整するための投与が開始されます。移植は奥様のみの渡航となります。
    移植はおよそ10~15分程で終了し、痛みもないため麻酔は使用しません。
    移植後はクリニックでお休み頂いてから現地スタッフがホテルまでお送り致します。移植当日は刺激の強い食事をなるべく避けて頂き、ゆっくりお休みください。

    • 2回目のご渡航はおよそ1週間前後の滞在となりますが、最終的な滞在期間の長さはご夫婦の治療内容によって異なることがあるため、医師の判断によって決定致します。
    • 現地では弊社日本人女性スタッフがサポート致します。
    • 着床前診断結果は1週間から10日前後の期間を要します。
    • 移植は奥様のご希望のスケジュールに合わせてドナーは採卵調整をしますが、現地医師の判 断により採卵が途中でキャンセルになった場合など、必ずしもご希望のスケジュール通りに移植することができない可能性もございます。
    • また、航空券・ホテル代、日本での検査、診察費用等はプログラム費用に含まれておりません。
    • 弊社では日本からの凍結精子空輸、日本への凍結受精卵の空輸は行っておりません。飛行機の遅延や税関での検査において、万が一、受精卵の凍結状態が保持できない状態になり、受精卵にダメージが出るリスク、受精卵の取り違えのリスクなどが考えられるためです。他社では空輸サービスを提供しているところもあり、保険をかけてダメージが出た場合は金銭が支払われるようです。大切な受精卵の弁償はもちろん不可能です。また、凍結受精卵に関しましては、日本で受け入れてくれるクリニックを探さなければならない負担もあります。
  • 日本での妊娠判定、出産

    胚移植日から10日後程に日本で血液検査により妊娠判定を受けて頂きます。
    弊社ではサポートの1つとして産婦人科のご紹介もさせて頂いておりますので、ご希望の方はご相談ください。

期間について

高い妊娠率を誇る弊社卵子提供プログラムでは、お申込みから妊娠まで、平均約5~6ヶ月となります。

提携クリニックについて

【医療機関】



Life IVF Centerは院長であるフランク・イエリアン医師によって2010年に設立され、南カリフォルニアにおいて唯一、完全自然周期体外受精(NC IVF)および低刺激体外受精(MS IVF)を専門としています。フランク・イエリアン医師は日本の加藤レディスクリニックにて新しい技術やスキルを習得し、現在では、世界各国から不妊治療を受けに多くの患者が訪れる、南カリフォルニアで最高の不妊治療センターの一つとなっています。



患者様それぞれの健康状態や妊娠目標に基づいて治療計画をご提案し、お一人ひとりの特徴に応じた適切な治療を進めていくことをクリニックの方針としています。また、クリニックの熟練したスタッフによるきめ細やかなサービスや温かい心配りを体感でき、日本の患者様も安心して治療に専念できる環境を整えています。   

功績


・ご自身の卵子を用いて受精から出産まで至った最高齢患者様は48歳です。
・FSH(卵胞刺激ホルモン)最高記録99mlU/mlの患者様がご自身の卵子を用いて双子を出産されました。

院長 Dr. Frank Yelian MD、PhD(フランク・イエリアン医師)


自然周期体外受精および低刺激体外受精の専門医



フランク・イエリアン医学博士は、Life IVF Centerの創設者であり、生殖医療の分野で30年以上の経験を持つ世界的に有名なメディカルディレクターです。多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、再発性流産、および早期卵巣不全患者の治療に豊富な経験を得ています。 最先端の不妊治療技術を持つ名医によるパーソナルなカウンセリングを通じて、患者様お一人ひとりのお気持ちに寄り添った治療をトータルサポート致します。

所在地

Address:3500 Barranca Pkwy, Suite 300, Irvine,
CA 92606
URL:http://www.lifeivfcenter.com/
※ロサンゼルス空港(LAX)から車で約45分くらいに
位置するアーバイン市にあります。
アーバインは全米一安全な都市に選ばれたこともあり
安全面と教育水準の高さから日本からの駐在員
家族からも人気のエリアです。

提携ホテル情報


以下のホテルは、患者様に特別の割引料金でご宿泊をご提供しています。ご予約時に「ライフIVFセンター」の 患者であることをお伝えください。

Hampton Inn & Suites(ハンプトンイン&スイーツ)


2720 Hotel Terrace Drive, Santa Ana, CA 92705
TEL: (714)5563838
Rate:$129 + Tax (Mon/Tue/Wed/Thu)
$89 + Tax (Fri/Sat/Sun)

Best Western plus Orange county Airport
(ベストウエスタンプラス オレンジカウンティ エアポート)


2700 Hotel Terrace Drive, Santa Ana, CA 92705
TEL: (714)4328888
Rate:$79 + Tax

La Quinta Inn & Suites, Orange CountySantaAna
(ラキンタイン&スイーツ、オレンジカウンティ サンタアナ)


2721 Hotel Terrace Drive, Santa Ana, CA 92705
TEL: (714)5401111
Rate:$72 + Tax

※価格は変動する可能性がございます。

【医療機関】




Fertility Institute of Hawaii はジョン.L.フラタレリ医師によって2010年に設立されました。 ハワイ州 において唯一、自然周期体外受精(NCIVF)および低刺激体外受精(MSIVF)の治療を行っています。最先端の医療技術を持ち、世界でも名高い医師のもとへは アメリカ西部、カナダ、アジア、オートラリアなどからも治療を求めて多くの患者が訪れています。ハワイ州で経験豊富な医師により最高の治療が受けられる不妊治療クリニックとなっています。





窓からハワイの自然光が差し込む明るい雰囲気の院内は、患者様の心の緊張をほぐし、リラックスしたお気持ちで治療を受けて頂ける環境を整えています。また、日本の患者様のお気持ちに配慮したケアを常に心がけた最高のサービスをご提供します。

【功績】


・不妊治療サイクルに携わった25,000件以上のうち、現在までに 1万人以上もの赤ちゃんを誕生させています。
・ドナーの卵子を使用した体外受精による妊娠率(2010~2013)
新鮮胚移植も含めた妊娠率  80.4 %

院長 Dr. John L. Frattarelli (MD、Laboratory Director)
(ジョン.L.フラタレリ医師)




ジョン.L.フラタレリ医師は、体外受精・ 不妊治療の専門医として20年以上の豊富な経験があり、 IVFLaboratoryの研究ディレクターの資格を持つ、国際的に数少ない医師のうちの一人です。これまでに ハワイ大学准教授として医学生への指導経験もあり、オアフ島だけでなく近隣のハワイ島、マウイ島まで赴き、不妊治療を必要とするご夫婦へ温かいサポートを提供しています。

所在地

Address: Hale Pawa’a 1401 South Beretania St,
Suite 250 Honolulu, HI 96814
URL:http://www.ivfcenterhawaii.com/
※ワイキキエリアから 車で10分ほどのところにあり
ます。

365日24時間受付03-6214-3308
お問い合わせフォーム

Facebook Twitter Google+

pagetop
Copyright (C) 2015 Baby Agent All Rights Reserved.